モノにも意識がある。人の気持ちはモノにも伝わっている。

『モノにも意識がある』
という考え方が好きです。
(^ ^)



ケーキ作りやパン作りの仕事で、わたしは『焼き』を担当することが多かったせいもあり、仕事後の掃除では毎日オーブンを念入りに掃除していました。



b0365799_19054136.jpg



単純に、オーブンの扉のガラス部分は綺麗な方が中が見やすいし、庫内も外側も前日に綺麗にしておけば、翌朝気持ちよく使えるので。



毎日毎日使って、毎日毎日掃除していたので、やっぱり愛着はありました。その気持ちがオーブンに伝わっているかのように感じるのはいつも、わたしが『やらかした』時(笑)



バケットなどをオーブンに入れて、タイマーをかけるのを忘れてしまう。ということが過去に何度かありましたが、




タイマーかけるの忘れたー!焦がしちゃった~!
(‾□‾;) !!‼︎




ということが無いんです。なんかね、イイ~タイミングでハッと気づく。そしてビックリしてオーブンを開けると、焼き色が付くちょい手前ぐらいでセーフ(笑)




さとちゃんさとちゃん、ちょっとオーブンの方へ行ってみてよ♪



って、まるでオーブンが知らせてくれてるかのようです。



上司も言ってました。

道具はね、大切に扱うと助けてくれるよ。
(^ ^)




以下は、片野貴夫さんという
現在70代の気功治療家さんの言葉です。


=========


50年前の三菱ふそうのトラックは、フランスのシトロエン並のクッションで凸凹道をスイスイ走ります。欠点は、1日走るとエンジンオイルが2リッター減ること。日野自動車のトラックはオイル交換までエンジンオイルは減りません。


わたしと同じ三菱ふそうに乗る友人は、オイルの減りが早いのを嘆きました。


友だちは、こんなにオイルが減る車はダメだと嘆き、わたしは乗り心地を気に入って喜んで乗っていたら、3年間で400万円を稼ぎました。今の貨幣価値では4,000万円です。友だちは貧乏のままでした。


今思えば、好きだったその車がわたしのことを応援してくれていたのです。


この友人は、奥さんの悪口をよく言っていました。この人は何でも欠点を探しているから貧乏なのだと思いました。


この人と逆の生き方をしてみようと考えたら、人生が好転しました。


=========


人や動物だけでなく、植物にも鉱物にも意識はある。この世のすべてのモノには意識がある。そう思います。
(^ ^)



自分の周りには、『大好き』がいっぱいある方がいい。大きなモノだけでなく、ボールペンのように小さなモノでも、ちゃんと気に入ったモノを買う。自分の周りに、大好きなモノをどんどん増やしていく。



自分の周りがお気に入りで大切に扱いたくなるモノだらけなら、それだけたくさんの応援団が自分には居るということです。



時には、手に入れたモノを使ってみたら思ってたのと少し違った。ということもあるかもしれません。モノですから壊れることもあります。


そんな時、手放さずにもう少し使おうと決めたなら、手放すその日まで可愛がる。



一番欲しいものより、金額的やサイズ的に妥協したモノを選ぶことがあるかも知れません。それでも、『コレにする!』と決めたなら、手元にある間はめいっぱい可愛がる。



きっときっと、周りのモノたちは喜んで、わたしたちがやろうとすることを応援してくれます。





『モノにも意識はある』


信じるも八卦、信じぬも八卦(笑)
それではまた~♪
(・▽・) ノ



b0365799_19054261.jpg
よく可愛がっているようです(笑)
Dining Bar RR

by daitoku-rr | 2015-12-23 11:48 | RR人の日記