RRで扱うほうろく菜種油が、またまた雑誌に載りました♪

じゃ~ん♪

b0365799_19055219.jpg
この雑誌に載りました。

b0365799_19055339.jpg
わぁ~お♪
1ページ丸っとほうろく菜種油♪


一番上には、

愛知県産の原料のみを使用し、手間ひまをかけて作られる油があります。食のプロでもある料理人をもうならせる「純度100%の菜種油」とは?そのおいしさの秘密を探ってきました。

と書いてあります。この雑誌、国立国会図書館にも置かれるそうで、12月7日発売です。


良い油を摂ることは、良い細胞を作ることにとても重要です。内蔵も脳もほとんど脂肪でできているからです。


良い油は、カラダの中で実に効率的に使われます。


サラダ油やマーガリンといった悪い油は、良い細胞をつくることができず、体内で効率的に使われず、溜まる一方です。


カラダの中で有効活用されない油が体内に溜まれば溜まるほど、肉体や外見から若々しさやエネルギーを奪います。


毎日毎度の料理に使うモノだから、日常的に使っている油の質が、自分や家族の健康や美を左右します。


健康や美を願うなら、細胞レベル、微生物レベルから考えてみませんか?^ ^


良い油=超高価な油ではありません。


◼︎原料を作る工程でも、油を作る工程でも、化学薬品を一切使っていない。

◼︎薬品を使って化学反応を起こして抽出するのではなく、圧搾方法(しぼって)で作っている。

◼︎異国からの長~い船旅で高熱や激しい衝撃を受けて到着するものではないこと。

最低この3点が、良い油の定義だと思っています。


超高級品でも、抽出方法で作られる油もあるので注意が必要です。


油で選びに困ったら、油の裏側を知りたいのなら、この本も役に立ちますよ。


b0365799_19055307.jpg
化学薬品によって組織を傷つけられていないので、酸化防止剤を使用していなにのに酸化しにくい油、それがほうろく菜種油なんです。


ほうろく菜種油の愛用者は使用後のほうろく菜種油を捨てるということをしません。


こして繰り返し使える、経済的でおいしい油なのです。ピーナッツのような風味です♪


ほうろく菜種油、RRのレジ横でも販売しています♪


それではまた~♪
(・▽・) ノ

b0365799_19055368.jpg

b0365799_19055309.jpg


by daitoku-rr | 2015-12-04 10:47 | 日記