自然栽培の野菜を、RRで扱うようになった理由♪

RRでは、実のなる野菜や根菜は主に土麿自然農園のモノを料理に使っています。


土麿さんの農園では現在、年間120種ほどの野菜を作っているそうです。ワンシーズンで約30種。


たとえば夏野菜のナス。ナスにも数種類あり、

ナスAの時期はそろそろ終わるけど、
ナスBはまだまだなりそう。
ナスCはこれから。


というように、いくつかの種類のナスが時間差(日にち差)でそれぞれの旬の時期にやってきて楽しいです♪


中でもお気に入りだったのが
『フィレンツェ』
という名のナス♪

b0365799_19055455.jpg
※画像はネットさまからお借りしました。


丸みのある姿が特徴のこのナス。乱切りにして炒めて塩で味付けして食べました。


そしたらね、フライパンの前でリーダーが驚いています。どうしたのでしょうか…呼んでみましょう。


b0365799_19055557.jpg
いつもなら、ナスを炒めるとグングン油を吸っていくけど、このナスはさほど吸わない。ナス自体が蓄えてる水分が多いんだと思う。

ですって。


そして、ナス炒めを食べてみたら、


ら、


あらららら、


14~♪


失礼。


ジューシ~♪

(´▽`)



リーダーが言うように、ナスが持っている水分が多いようで、噛むとジュワッと口の中で水分が出る。


それまで使っていたナスは、炒めると油をグングン吸い、調理が終わって盛り付けると、今度は吸った油がナスから出てくるので、料理が油っぽくなっちゃってた。


それがナスだと思ってた。それがナス料理だと思ってた。


でもね、土麿さんのナスは違ったでござるよ。自然栽培のナスは違ったでござるよ。


ナスが保持している水分が多いので調理中に油を吸いにくい。だから、ナスを炒める時の油を使う量が減っちゃいました♪


これが、自然栽培の野菜をRRで扱うキッカケとなったナスとの出逢いです。


長くなったので、土麿さんに聞いた自然栽培のお話は別記事に書きますね。


それでは
オイシイ野菜ライフを~♪
(・▽・) ノ


Dining Bar RR

by daitoku-rr | 2015-12-01 09:14 | RR人の日記