カラダが喜ぶ菌が満載の、自家製豆乳ヨーグルト♪

うれしい!
うれしい!
うれしい!


生まれて初めて作ったリンゴの天然酵母を使って、生まれて初めて豆乳ヨーグルト作った!ちゃんとできた!うれしい!
(^O^)


b0365799_19064203.jpg
やったー!でーきたー!
お皿を抱えて自撮り、難しいな!(笑)



実はね、天然酵母のデキが怪しかったんです。


『常温に置いて2~5日で完成する。ちゃんと酵母ができると、シュワシュワと発泡してくる。』


って本には書いてあるけど、3月2日(水)の夜に天然酵母の仕込みをして5日後の7日(月)は、まだ出来上がってる様子じゃない。


失敗するとくっさいそうだけど。甘酸っぱい良い香り。でもシュワシュワ感はない。。。


仕込んだ2日(水)はとっても寒かったから、そのせいもあると思って今日(10日)まで常温放置しました。※毎日一回はフタを開けて混ぜ混ぜ。


今日もやっぱり良い香りだし、初の天然酵母作りのデキはこんなもんかと思って、それを使って一番作ってみたかった豆乳ヨーグルトの仕込みに挑戦♪


本によると、

◼︎豆乳200cc
◼︎天然酵母20cc
◼︎黒砂糖 小さじ1以上(お好みで)
◼︎塩 ひとつまみ

とのことなので、この倍量で豆乳ヨーグルトを仕込みました。


『材料全部を混ぜてフタをし、人肌で6時間ぐらい放置』


って本に書いてある。


濃度の濃い豆乳ならヨーグルト、薄いのなら飲むヨーグルト状になるそうです。楽しみだなぁ♪
(´▽`)



6時間後、容器を少し傾けてみました。




・・・・・・(‾д‾)・・・・・



えらいサラッとしてる。ヨーグルトらしいとろみが全くない。ひょっとしてわたし、、、失敗したの?






ファハッ!

(´▽`)




悲しみを紛らわすため、大げさにウケたふりでもしてみる。


でもね、常温がまだまだ寒い季節なので、もう少し常温放置することに。そしてさらに4時間後。


b0365799_19064256.jpg


b0365799_19064297.jpg
ヨーグルトらしいとろみが!!!


硬さはヨーグルトか、飲むヨーグルトかと言うより、カスピ海ヨーグルトみたいになりました。(あれほど伸びませんが)


とろとろしてるけど、プルンとした感じもあって好きです。リンゴの酵母と黒砂糖の味がほんのりします。豆乳の味はあまり感じません。


ふっつぅ~の豆乳を使って作ったけど、濃いめので作ったらどうなるかな?


いろんな天然酵母を作って、いろんな豆乳を使って試したいと思います。
(^    ^)



発酵マニアのきのこさんが言うに、


寒い季節に寒い土地で育つ作物を使って、暑い季節に暑い土地で作る天然酵母は弱いのだそうです。


その土地で旬のモノを使った天然酵母づくりが、美味しさと成功の秘訣なんですね!



大豆には、


自然の大豆には、人体に有害な作用を持つ植物性化学物質がある。食べるに値する大豆は、納豆、醤油、味噌のように発酵したものだけであり、豆乳や豆腐などの発酵していない大豆製品はむしろ有害である。』


というアンチ意見もあるし、逆に、


『実は大豆のDNAは人間のDNAと構造が近い。だから細胞の再生に必要な必須アミノ酸の補給がしやすい。リンパ菅の清掃能力に長けており、新陳代謝の促進になる。ミトコンドリアも細胞も白血球もマクロファージも元氣になる。』


という賞賛意見もある。
(きのこ著より抜粋)



わたしは、大豆製品の中で味噌のような発酵食品も、豆腐のような発酵していない食品も好きなので、両方を気ままに楽しみます(笑)


それではまた~♪
(・▽・) ノ


b0365799_19064218.jpg
思いつきで妻が作る怪しいモノを、
拒まずに食べてくれる方(笑)




by daitoku-rr | 2016-03-10 08:07 | RR人の日記