RRにお魚メニューがない理由。

生まれた土地柄、日常的に新鮮な魚を食べて幼い頃を過ごしたYさんという男性が居ます。


お魚大好き君でしたが、小学生に入ると、給食に出てくる魚料理のまずさに驚いて魚が嫌いになってしまいました。


給食の魚を食べて彼が真っ先に感じたこと。それは、



くっさっ!
(・∀・|||)



いつも新鮮な魚を日常的に食べていたので、鮮度が落ちた魚の臭みが耐えられなかったようです。


これを聞いてね、たまげてしまいました。


わたしはこの辺で生まれ育っているので、あたりまえですが海は近くありません。家で食べる魚といったら母が近所のスーパーで買ってきたもの。


それを食べ慣れてるので、ここら辺のスーパーで売られているお刺身も、美味しいと感じて生きてきました。


だけど、海が近くて新鮮な魚を食べ続けてきた人にとっては、海の街ではない場所で出される魚料理が「くさい!」と感じるほど受け入れられないものなんですね。


ぜ、贅沢な(笑)


そこで、考えてみた。


それまで(3年ぐらい前まで?)RRには3種類ほど魚のメニューがありました。


カルパッチョと、マリネとフリッターだったかな?


だけど、この3品をどうしてもやりたいわけじゃないし、とびきり鮮度の良い魚が手に入る土地(漁師町)でもないので、あっさり魚料理は辞めました。


探せば、安全で新鮮な魚を新鮮なうちに届けてくれるところもあるのでしょうけど、魚料理推しのお店でもないので、そこまではしませんでした。


本当はね、わたしお魚が大好きなんです。特にお刺身。だけど、Yさんのお話を聞いて、


「それを本当に美味しく出してくれる場所でたまに食べられればいいや。」


という心境に変わりました。


大人になるまでタマネギも大嫌いだったYさんは結婚したての頃、奥さんの実家で義理のお母さんが出してくれた料理にタマネギが出てきて、さすがに断れずに食べた。


そしたら、


あれ?!
このタマネギ全然まずくない!



って箸が進んじゃいました(笑)


そのタマネギはね、義理のお母さんが畑で作ったものだったんだそうです。無農薬?


どおーしても食べたくない!
本当に嫌い!


っていう食べものって、その時の鮮度の悪さだったり、その食べ物に含まれる成分の何かをカラダが拒否して覚えてるんでしょうね。


カラダ、面白いね。


さて、魚料理を辞めた時に思ったのは、


たーっくさんの種類の料理がある店も魅力的だけど、うちの店は、美味しいものだけ少しの種類あれば、それでいいね。


ということ。


なんでもかんでもメニューにある店じゃないけど、よかったら来てね(笑)


それではまたー。

b0365799_12592308.jpg
これは無投薬肥育の豚肉で作られたソーセージ。



Dining Bar RR







今月のAQUASUNの予約はいっぱいになりました。
また来月に。^ ^

Dining Bar RR 安城市御幸本町6-8
月曜定休 0566-74-9550

【夜】18時〜24時(入店は23時まで)
【昼】11時〜14時半(入店は14時まで)
祝日はらんちお休みです。

◎臨時休業・貸切営業などのRRスケジュールは、Facebookかブログにて告知しております。

いつもありがとうございます。

by daitoku-rr | 2016-11-15 12:52 | RR人の日記