「産後ドゥーラ」というママさんをサポートするお仕事、知ってますか?

半田の「ゆるりがもり」へ行ってきました。かおりさんのお宅でもあり、コミュニティスペースでもある「ゆるりがもり」へ。

b0365799_16435142.jpg

b0365799_16384933.jpg

きのうは、産後ドゥーラの忍さんと、整体師さんのご主人、ほうろく屋の杉崎さんがそれぞれお話。


わたしは今年の春に忍さんと出逢って、初めて「産後ドゥーラ」というお仕事を知りました。


「産後」という言葉が付いてますが、産前から産後までママさんに寄り添ってサポートしてくれるのが「産後ドゥーラ」というお仕事です。


b0365799_16400814.jpg

b0365799_16404411.jpg


忍さんのご主人は整体師さんなので、産後はカラダをしっかり休めた方が後々のために良いということを熟知しており、忍さんは子供を産んだ後、家事から何からご主人がやってくれて、しっかり休めたのだそうです。


その時、忍さんは思いました。


わたしは産後こんなにゆったり過ごせてるけど、他のママさんはどうしてるんだろう?

産んですぐから動かざるを得ないママさん、しっかり休めないママさん多いんじゃないかな?



そこから、スルスルと忍さんは「産後ドゥーラ」の道へ。


今は、子供を産んでから誰にもサポートしてもらえず、育児が苦しくなってしまう人がとても多いです。


◼︎核家族である。
◼︎地方出身で親が近くにいない。

という理由の他には、

◼︎親と仲が悪い。
◼︎親が高齢。


などの理由で、親は近くにいるけれどなかなかサポートをお願いできる環境ではない方も。


そんな時、ママさんのココロの支えになるのが産後ドゥーラです。


ママさんによって、サポートして欲しい内容はそれぞれ。


◼︎新生児のお世話をする間、まだ幼い上の子の世話をして欲しい。
◼︎家事をお願いしたい。
◼︎寝不足続きで寝たいので、眠っている間、赤ちゃんの世話をして欲しい。
◼︎氣分転換に1人の時間が欲しい。その間、赤ちゃんをみていて欲しい。


などなど。


「困った時辛い時、わたしにはサポートしてもらえる人がいる」というのはとても心強いです。


きのうは、妊娠中のママさんから成人されたお子さんをお持ちのママさんまで、それぞれが子育て中に感じていたことや、これからの子育てに対する思いなどを、ゆるゆると話しました。

b0365799_16425607.jpg

泣いて笑って食べて笑って大忙し(笑)


話すは放す。


ちょっとした不安や氣になっていることを、ポロッと話してみるだけでうんとラクになる。みーんな、そうなんですよね。


これが、会議室のような空間ではこうはいかなかったかも。


木の床に、円を作るように座って、窓から暖かい日差しが差し込むゆるりがもりだからこそ、みんなのココロもカラダもゆるゆるゆる。


ゆるんで言葉がポンポンポン(笑)


逢うと自分のココロやカラダをゆるめられる人、近くにいますか?


行くと自分のココロやカラダが緩まる場所、ありますか?


それではまたー。


b0365799_16451077.jpg

Dining Bar RR 安城市御幸本町6-8
0566-74-9550 月曜定休
完全禁煙のお店です。

JR安城駅南口より徒歩2分
都築医院さんのとなりです。

【夜:火〜日】
18時〜24時(入店は23時まで)

【昼:火〜金】
11時〜14時半(入店は14時まで)
祝日はランチお休みです。






◎臨時休業・貸切営業などのRRスケジュールは、Facebookかブログにて告知しております。

いつもありがとうございます。

by daitoku-rr | 2016-12-08 16:37 | RR人の日記