認知症は治せる。カラダの乾燥を改善すればボケは治る。

認知症は脳の病気ではなく、体の状態の問題。カラダの水分が足りていないことで、脳の神経伝達が悪くなる。



と知って、ものすっっっごい納得しました。



キネシオロジー(氣づきの医学)では、カラダに水分が足りていないと神経伝達がうまくいかず、筋肉の反応が悪くなると教わっていたからです。



認知症は、水分の摂取量が足りないまま長年生きてきた人がなり、カラダが乾燥している。

だから、これまでより水をたくさん飲む生活を心がければ認知症は治る。



ということに氣づいた医師が、認知症を改善するために、毎日1.5ℓほどの水をチビチビこまめに飲むことを推奨しています。



以下、認知症は脳の病気ではなくカラダの水不足だと言う医師や整体師さんの言葉を抜粋。

---------

◎「乾く」ということは「干物になる」ということなわけで、人間で言えば「ミイラ」になるということ。つまり老化。

認知症的症状が出ている人の多くが 水分をあまり摂っていない。とにかく水分を摂るようにしてみてもらったところ、かなりのことがそれだけで変わってくる。

◎ある認知症の方の施設では入院されると水を一日1.5ℓ飲まされるそうです。毎日来る日も来る日も1.5ℓ。そうこうしているうちに認知症がすっかり改善されて退院された方が続出したそうです。


---------




認知症が水で治るという記事はどれも、1.5ℓという水の量を推奨していますが、問題は、なかなか飲んでくれないことだそうです。


理由は、若い人よりも喉の渇きを感じにくいのと、オシッコが近くなるからとたくさん水を飲むのを嫌がること。


コーヒーやお茶は飲んでいても、「水」を1日にコップ1杯も飲んでなかった人が突然水の摂取量が増えると、当然オシッコの回数は多くなります。


でも、これが数日すると膀胱が慣れてきて、ある程度溜めてから出せるようになるので大丈夫なんだそうです。^ ^


失禁を繰り返すほど認知症が進んだ人も、水の摂取量を増やすことで逆に失禁が改善されるんだそうです。脳の神経伝達が良くなるからなんでしょうね。



だけど、水をたくさん飲んでもらいたいと思う家族が、飲みたがらない本人に無理矢理飲ませようとケンカする必要はありません。^ ^



水をこれまでよりチビチビとたくさん飲むだけで元氣になるんだから、水、飲もうや。。。



と言いたい氣持ちは山々だけど(笑)



病院にかからず水だけで認知症が改善したらこれほど嬉しいことはないけれど、本人に毎日水を1.5ℓ近く飲んでもらうことが難しいならば、医療の力を借りることも大事です。



そして、とっても大事なのは病院選びです!




認知症は治ると分かっている人(医師や家族)にしか認知症は治せません。



脳外科医=認知症を治すプロ
ではないんです。

大病院の医師=認知症を治すプロ
ではないんです。



病院(医師)をちゃんと選ぶ必要があります。



---------


認知症は研究の歴史が浅いため、多くの医師は認知症が治るとは思っていません。認知症は治せないと思っている医師には、認知症を治すことができません。

認知症を治すには、治せる医師のところへ行かなければならないのです。


「認知症は治せる」河野 和彦著より抜粋


---------



次は、「認知症は治せる」と分かっている医師がいる病院について書きますね。^ ^



あと、ボケないためと、ボケを改善するにはカラダに水分が足りていることと腸内環境がとっても大事なので、久々にウンコの話も書きますね(笑)



良くなる良くなる。
誰でもきっと良くなる。^ ^



それではまた。




b0365799_17054878.jpg




---------

RRの営業時間や、あんなことこんなこと。
↓↓↓↓↓

b0365799_12354435.jpg
御利益があると噂の?この「ありがとうカード」、レジ横の棚に置いてあるのでご自由にお持ち帰りくださいませ。^ ^

今日もありがとうございます♪♪



by daitoku-rr | 2017-09-19 17:00 | 認知症は治せる