ほうろく菜種油で揚げた美味しいコロッケを売るタエちゃん。タエちゃんが作るそのコロッケの名は「ほうろく黄金コロッケ」。


b0365799_12415460.jpg


b0365799_12450401.jpg

さまざまなマルシェやお祭りなどに出店しています。安城だと、堀内公園で開催されるマルシェにもやってきます。


わたしも、タエちゃんのコロッケを初めて買ったのは堀内公園。^ ^


材料のひとつひとつが安心安全なのはもちろん、コロッケのタネとほうろく菜種油の旨味が合わさってほんとに美味しいのです。


b0365799_12422837.jpg

決して安くはない1個300円の「ほうろく黄金コロッケ」は、どこに出店しても早々と完売します。



マルシェなどのイベントで出店すれば、イベント終了時刻より何時間も前に売り切れてしまう。そんなコロッケ。^ ^



そもそも、タエちゃんがほうろく菜種油で揚げるコロッケになぜ惚れ込んだのかと言うと、旨さをカラダが教えてくれたから。


実はタエちゃんは、揚げ物が苦手。食べると胃が気持ち悪くなるので食べられない。


なのに、初めてほうろく菜種油で揚げたコロッケを食べた時、全然気持ち悪くならなかった。しかも数個食べたのに(笑)


その時、


なんなんだこのコロッケは!!!


と、ビックリしてしまったのだそうです。



美味しいコロッケは、カラダに美味しいコロッケなんですね♪



そんな、ほうろく菜種油を使って家庭で揚げ物をする場合、おすすめの揚げ方があります。
こちらに書きました。
↓↓↓↓↓


わたしはこのやり方で、ほうろく菜種油の揚げ物を楽しんでいます。



美味しくて胃もたれせず、良い細胞作ってくれる揚げ物だなんて最高です♪ ぜひ、ほうろく菜種油の揚げ物達人になってくださいね。




それではまたー。

◎タエちゃん、画像を拝借しました。


b0365799_12531654.jpg


(元氣美人になる優しい暮らし方


いつもありがとうございます♪

# by daitoku-rr | 2017-04-04 12:40 | RR人の日記

わたしね、塩についてブッたまげています。


塩って大事なんですね。
詳しくはこちらに書きました。
↓↓↓↓↓
血液は本来しょっぱくあるべきで、言って見れば、人のカラダは塩漬けになっている方が良い。



「お酒を飲む人はしょっぱいものが好き」



というのは世の常識だけど、お酒をたくさん飲むとカラダの塩分濃度が薄まるので塩を欲してるんですね。



だから、お酒を飲む人と飲まない人が一緒にテーブルを囲んで同じ料理を食べる場合、好む塩気が違うのは当たり前のことなんです。



RRには「味噌クリームパスタ」というメニューがあります。店側のわたしですら



ちょっと味が濃いめじゃない?もう少し薄い方が良いのかも。。。



と感じますが、この味噌クリームパスタ、お酒を飲むお客さんにリピーターが多いのです。



生ハムもそうです。お酒を飲んでいる時につまむのはとても美味しいですが、飲んでいない時に食べるとしょっぱいなーと感じます。



ご家族でRRを利用してくださるKさん。高校生の息子M君が「生ハムとサラミの盛り合わせ」を好んでよくオーダーします。


M君はバリバリのバスケットボーラーなので、日頃よく運動して汗かいて、カラダが塩気を欲しているんでしょうね。^ ^



こんな風に、お酒を飲むか飲まないか、日中の運動量によっても欲する塩分が違うのは当たり前なんです。



ただ、塩ならなんでも良いということではなくて、ミネラルたっぷりの自然海塩がグーです。



もちろん、RRでは自然海塩を調理に使っています。^ ^



塩、深いですな。



それはそうと先日、女性のお客さんに名前を聞かれました。


「サトミです♪」


と答えると、


「わたしはシオミ!砂糖と塩だね!グワハハハハハハ!」


って爆笑しておりました。


た、楽しい夜でした。

それではまたー。^ ^


b0365799_12531654.jpg


(元氣美人になる優しい暮らし方


いつもありがとうございます♪

# by daitoku-rr | 2017-04-02 12:50 | RR人の日記

「情報を収集する」ということが、苦手になりました。ここ最近。



「2ヶ月ぐらい前から、すっかり人生観変わっちゃってさ〜」



ってことを、友人などにチラホラ話してるんだけど、ココロゆるゆると生きたくなっちゃいまして。



まず服装。


以前はピタッとしたスリムタイプのデニムが好きでよく履いてたけど、そういうピタッとした服を着たくなくなりました。


締め付け感の無い、ゆるゆるした服を好むようになりました。^ ^




次に本。


以前は健康や食事に関しての小難しい本をよく読んだけど、小難しい本を今は全然読みたいと思わない。読めない。文字が頭に入ってこない。


脳を無駄に使うことをカラダが拒否(笑)


b0365799_22462961.jpg


SNSではたくさんの講座のお誘いが流れてくる。以前は、「参加したい!」と思う勉強系の講座がたくさんあった。


けど今は、勉強系の講座にまるで興味がなくなりました。




入院している時、わたしのギュッと固くなっているココロをほぐしてくれたのは、看護師さんのあったかい言葉。


ココロがほぐれたから、回復も早まったんだと思う。そしたら、



「回復するって、元氣になるって、ゆるむことなのでは?」



ってひらめいた。




悲しがってる人、寂しがってる人、疲れている人、へこんでいる人、つらい人に、



「何言ってるの!みんな頑張ってるのよ!そんなことでどうするの!」



って叱咤するよりも、優し〜い言葉をかける方が、カラダの芯からほぐれて立ち直りや回復が早い氣がする。



そんなことに氣づいたら、脳に情報を詰め込むより、ココロがゆるむこと(ほぐれること)にもっと時間を使いたいと思うようになりました。



ココロがゆるむとは、わたしが楽しいことやリラックスできること。



「もっと賢くならなくては」って頑張って情報を詰め込む必要はもう無いと、2ヶ月前にフワリと氣づきました。このままのサトミで良いと(笑)



だから今は、すぎた情報収集はお休み。学びはお休み。ゆるゆると心身を休ませています。



必死に情報を集めることをやめたら、今必要な情報がちゃ〜んとベストタイミングでやってくる。



不思議だけど、
そういうもんなんですね〜。



それではまたー。^ ^


b0365799_22473978.jpg


(元氣美人になる優しい暮らし方


いつもありがとうございます♪

# by daitoku-rr | 2017-03-30 22:44 | RR人の日記

RRのノンアルコールビールが、添加物不使用のノンアルコールビール、ヴェリタスブロイに変わりました。

b0365799_10270320.jpg

原材料は麦芽とホップ。


麦芽とホップのみ!


ビールの原材料と同じ麦芽とホップだけしか使われていません。



ノンアルコールビールと言えば、ビールの味に近づけるため、さまざまな添加物を使用されています。



ということは、


添加物不使用のノンアルコールビールは味気ないのかな?


と思って飲んでみたところ、


b0365799_10282125.jpg

美味しい!ビールっぽいビールっぽい!
かなりビールっぽい!



ということで即決。ヴェリタスブロイを仕入れることを即決。



オーガニックなお店だとよく見かける有機農法ビールで有名な、「日本ビール株式会社」が出している「龍馬1865」という添加物不使用のノンアルコールビール。

b0365799_10284741.jpg

こちらも以前知った時に惹かれたのですが、先にヴェリタスブロイを飲んで氣に入っちゃったのでヴェリタスブロイに決定♪



また機会があれば、龍馬1865を飲んでみて感想を伝えますね。^ ^



ヴェリタスブロイはドイツのビールですが、龍馬1865もドイツの麦芽を使用しているそうです。


アルコール0.00%!
勉強中も仕事中も飲んでヨシ!



と、堂々と言えるノンアルコールビールです(笑)
そして添加物不使用。そして旨い。



ありがとうヴェリタス。
ありがとうドイツ。
ありがとう無添加。



感動を引きずりながら、今日も元氣にお仕事します。



それではまたー。^ ^


b0365799_10305402.jpg


(元氣美人になる優しい暮らし方


いつもありがとうございます♪

# by daitoku-rr | 2017-03-29 10:26 | RR人の日記

4月からランチが、やや変わります。
メニューは変わりません(笑)


例えばペペロンチーノの場合、

【旧ランチ】
◎ペペロンチーノ 700円
◎サラダセット 300円
(ドリンク付き)


【新ランチ】
◎ペペロンチーノ 900円
(サラダ付き)
◎ドリンク 100円


と、なります。


これまでサラダは別だったのですが、サラダを注文される方が多いので、全部のランチにサラダを付けることにしました。


4月4日(月)から、このようなメニューに変わります。


よろしくお願い致します。^ ^


b0365799_11003995.jpg


(元氣美人になる優しい暮らし方


いつもありがとうございます♪

# by daitoku-rr | 2017-03-27 10:57 | RR人の日記