苦手な人の存在はギャグ。

RR近くで飲食店を営むおかみさんと、楽しくおしゃべりしまてました。明るい明るいおかみさん。^


結婚してからすぐ飲食店を始めて、もう30年になるそうです。


そんなおかみさんが言う、苦手な人の対処の仕方がアッパレだった。



「変な人!」と思う人に会うとさ、腹を立てたりすると疲れちゃうから、もうね、


ギャグだな。


と思うことにしたの。


この人変わってるなーおもしろー。赤塚不二夫の世界だなー。この人の存在はギャグなんだなーと思うことにしてるの。



って、ケラケラ可愛く笑うんです。



おかみさん、、、











惚れてまうやろ!










この捉え方、スゴイと思うの。




続けて、最近ニュースになった、めちゃめちゃ怖い女性政治家の話になった。



人って、闘っちゃうと疲れちゃうし病気になっちゃうから、闘わない方がいいよね。

闘っちゃダメ。相手のすることはギャグだから(笑)



このおかみさんスゴイなー。尊敬。



そして、こんなことも言ってた。



なんかさ、1日は似たお客さんが集まること多くない?


難しそうな顔してるお客さんが入ったら、また次に来るグループもそんな感じだったり。


逆に、楽しそうなグループが来たら、その次に来る人たちもそんな雰囲氣だったり。


そういうのってさ、自分か大将のどっちかが今抱いている感情と、同じ感情を抱いてる人を引き寄せてるんだと思う。


わたしか大将のどっちか。今、深い部分に抱えている感情の強い方が。


だからね、今日のお客さんを引き寄せた根っこはわたし?大将?どっち?って考えたりする(笑)




って、「自分たちの波動がその人を引き寄せてるよね〜。」みたいなことを言うんです。



そうかもそうかもー。めちゃめちゃ頷いた。



商売の大ベテランのおかみさんが波動の話をするなんて、かなり嬉しい。そこか?(笑)




苦手な人を好きにならなくても良いけど、闘う必要もないよね。疲れちゃうもの。


苦手な人の存在はギャグ。チンコのちっさい漫画のキャラクターだと思えば、氣がラクだね。^ ^



この考え方、いろいろと使えるなぁ。




何年か前にさ、「ゆるしましょう〜」みたいなのが流行った。


苦手な人は、そんな役を買ってあなたに大事なことを教えてくれてるのです。感謝してゆるしましょう〜。


みたいなのが。でもさ、










ゆるせるかっての!(笑)







ゆるすって、ゆるそうゆるそうと頑張ってゆるせるものじゃないよねー。



何かの拍子に


「あ!そうだったのか!あの時あの人がああいうことをしたのはそういうことだったのか!」


って氣づいて始めて、それまでの怒りが消えたりありがたみが湧いたりするもので、氣づかないかぎり、いくら頑張ってもゆるせないよね。



ゆるさなくちゃ!って、頑張っても無駄無駄。^ ^




だから、苦手な人を受け止めてゆるそうと頑張るより、その人の存在や行いをギャグだと捉えて流しちゃう方が、自分がラクチンだよね〜。と、思いました。




そんで心底笑えた時に、どーでも良くなってゆるせるのかもね。そんなもんかも。




おかみさん、、、








ぎゃぐって深いね!
ありがとう!!!(笑)






頑張ってかんよ。頑張ってかん。^ ^

それではまたー。


b0365799_19431166.jpg
RRの紅茶はね、農薬を使わないで育てた葉っぱだよ。それはギャグじゃないよ。^_^





いつもありがとうございます♪

by daitoku-rr | 2017-06-29 17:20 | RR人の日記