症状のほとんどは内臓が原因だと思うなぁ。

「症状は内臓が原因」という例で、たとえば目。



わたしは、お酒を飲んだ翌日はお陽さんの光がいつもより眩しいです。


お酒をたくさん飲んだ日の翌日は、お陽さんの光がとても眩しいです。



お陽さんを直視しているわけではなく、いつも通り外へ出て、前を見て歩くということが、眩しすぎて目を覆いたくなる(笑)


b0365799_11070651.jpg
まーぶしーーーー!




目は肝臓と関係がある。



ということを以前から知っていたけれど、こうして体感すると、感動します。



目の症状は、主に肝臓が原因。



ならば、目に何かしら症状を抱えた時、目を治そうと目に必死にアプローチしても意味がない。一時的に良くなる感じはあるかもしれないけれど。




もう亡くなったわたしのジイちゃんは、生前白内障になり、それからだんだん目が見えなくなりました。



ジイちゃんはいろんな薬をたくさん飲んでいたので、肝臓を酷使してたんですね。



皮膚だろうと歯だろうと、爪だろうと目だろうと、痔だろうとどこだろうと、症状は内臓が原因。




レーシックの手術を受けたのに、しばらくしてまた視力が落ちる人は、



「わたしはレーシックの効果が薄かった。」



のではなくて、肝臓に目を向けなかったからじゃないかなぁ。わたしの憶測です。




肝臓を酷使するのは、アルコールの分解だけではありません。


◎薬
◎農薬
◎添加物
◎砂糖
◎怒り
◎睡眠不足


これらも、肝臓を酷使させます。薬や農薬、添加物のパンチ力はアルコール以上かも。



薬をよく飲む人、農薬たっぷりで育った作物をよく食べる人、加工食品をよく食べる人、甘いものをよく食べる人、怒りをかかえている人、睡眠が常に不足している人などは、目を弱らせやすい。




だから、症状が出ている場所にだけアプローチするのではなく、カラダはトータルで診る必要がある。





と、わたしは思う。^ ^




それではまたー。


b0365799_11085963.jpg



---------

RRの営業時間や、あんなことこんなこと。
↓↓↓↓↓

b0365799_12354435.jpg
御利益があると噂の?この「ありがとうカード」、レジ横の棚に置いてあるのでご自由にお持ち帰りくださいませ。^ ^

今日もありがとうございます♪♪



by daitoku-rr | 2017-07-20 11:05 | カラダさん