玉ねぎと涙のこと。

わたしね、独身の頃に玄米菜食(マクロビオティック)をしていた時期があります。


お肉が大好きなわけでもなかったし、肉や魚や卵を食べない生活は調理も片付けもラクチンで心地よかったです(笑)


その頃にマクロビオティックの本もしこたま読んだわけですが、そこにこんなことが書いてありました。



カラダが酸化している人ほど、玉ねぎを刻んでいる時に涙がたくさん出ます。



そしてね、確かに玄米菜食をしている時って、玉ねぎをガシガシたくさんスライスしようが刻もうが平気でした。全然目にしみない。


b0365799_16530211.jpeg

その頃は普通のスーパーで売られている玉ねぎを買っていたので、


「最近の玉ねぎはスゴイな。これはきっと品種改良して涙が出にくい玉ねぎなんだろうなぁ。」


と思ってたぐらい、調理中に玉ねぎが目にしみて涙が出る。ということがありませんでした。



ところが、カフェで働いている時に厨房スタッフを手伝って一緒に玉ねぎスライスをガシガシやってたら、次々と厨房スタッフがノックアウト(笑)


「無理!ほんと無理!目が痛すぎる!」


とか言って皆んなボロボロ涙流してる。わたしは全然平気(笑)


その時はね、


スゲー。マクロビオティックスゲー。


と思いました。




マクロビオティックな食生活ではなくなった今はと言うと、玉ねぎスライスすると涙出ます(笑)



玉ねぎスライスして涙が出なかったのはやはり、玄米菜食(マクロビオティック)のおかげか?



と考えてみると、ケーキ作りのお仕事をしていたあの頃、早寝早起きでした。アルコールを何年も飲まない生活でした。



そう、玉ねぎを刻んで涙が出なかったあの頃と、涙が出る今とでは生活スタイルがかなり異なる(笑)


今はね、寝るのがだいたい午前2時。アルコールは週に数日飲みます。


玄米菜食はカラダを酸化させにくいのかもしれないけど、早寝早起きでアルコール無しの生活も、カラダを酸化させにくいんだろうなぁ。きっと。



玉ねぎをスライス中、目にしみてしみて涙がたくさん出る人は、肝臓さんがお疲れなのかもしれませんね。



その頃、玉ねぎスライス中にボロボロ涙を流していた厨房スタッフは、1人は甘いもの大好きで食事の時はいつもジュースを飲んでいました。


もう1人は、太りたくないからと、食事を食べた後によく下剤を飲んでいました(汗)



肝臓さんは、実は、アルコールよりも甘いものや薬の方が強烈なパンチをくらっている。



目にしみてしみて、目が痛くて、涙ボロボロ出るー!たまらーんち!


ってほど玉ねぎカットが辛い人は、もう少し肝臓さんをいたわった方が良いかもね。


数日前、二日酔いになるほど飲んだお前が言うなという話(笑)



肝臓さんがパンチを食らうもの

■砂糖
■薬
■農薬
■アルコール
■食べすぎ
■夜更かし
■寝不足
■怒り

など。



カラダさんはシレ〜ッといろんなこと教えてくれるね。面白いね。^ ^



それではまたー。



b0365799_16522361.jpeg
クロちゃんからたまにパンチを食らう人。







---------

RRの営業時間や、あんなことこんなこと。
↓↓↓↓↓

b0365799_12354435.jpg
御利益があると噂の?この「ありがとうカード」、レジ横の棚に置いてあるのでご自由にお持ち帰りくださいませ。^ ^

今日もありがとうございます♪♪



by daitoku-rr | 2017-09-29 16:47 | RR人の日記