変態サミット第3弾!の、レポ。

きのうは夜の仕事前に「変態サミット」に参加してきました。今回は第3弾。場所は「ゆるりがもり」。




今年もやっぱり、今のヒーリング感をブッ放ってきました。


参加者さんの職業はそれぞれ。保育士、足指診断士、農家さん、障害者施設の人、骨盤調整の人、お茶屋さん、コミュニティナースなど。


みなさんの「今」抱いている想いを聞いていると、それぞれが、それぞれの仕事に関わるのってやっぱり理由があるように思える。魂レベルでの理由。


そして、地球に生まれてきた理由は誰でも、思い切り自分のために生きる(人生を楽しむ)ことなんだと思う。



例えば足指診断士のみっちゃん。足指や足相を観てその人の人生の足かせとなっているモノゴト(記憶)を紐解き、その人が生きやすくなるお手伝いをしています。


わたしもやってもらったことあるけど、泣いたね(笑)


そのみっちゃん、お相撲が大好き。テレビやネットで力士の足指を見ては、


「この力士はこういう性格の持ち主でこういう考え方を持つ人なんじゃないかなー♪」


っていうのを勝手にやって楽しんでる。夢のひとつはね、力士から足指診断を頼まれることらしい(笑)


このみっちゃん、足指診断することで心が解放されて助かる人がたくさんいるけど、みっちゃんじたいは、


「あなたのために。」


という重苦しいスタンスでやっていない。


興味を持った分野にのめり込んだら、それで救われる人がたくさんでてきた。という感じ。


そして今じゃ大好きなお相撲と関連付けちゃって、ほんと、足指診断することを楽しんでる。みっちゃんが楽しめば楽しむほど、人のためになって喜ばれてる。



「あなたのために。。。」


という思いに縛られる人はとても多い。わたしもその1人でした。


ヒーリングによってさまざまな症例が改善した例を知り、ヒーリングの素晴らしさに感動するたびに、


「ヒーリングで世の中の医療に大貢献したい。」


という想いが強くなり、そしてそれは、


「ヒーリングで結果を出さなくては。」


という思いを強くさせ、「今」を楽しむ余裕がすっぽり抜けていました。楽しむことが最大の結果を生み出すと知っていたはずなのに。。。



きのうの変態サミットでは、


「肚に持つ自分の種を、もっと活性化していこうぜ!」


という流れだったのだけど、「肚に持つ種」って、「本当の自分」とか言ったりする。「種を活性化させる」とは、自分を喜ばせること。


そして、自分を喜ばせると種から(肚の位地)から上へと渦(ボルテックス)が起きて、渦は大きく広がり、自分からグングンはみ出して世間や世の中に影響を与える(人さまのためになる)。


b0365799_20484027.jpg


b0365799_20501432.jpg


あなたのために。世の中のために。というスタンスでヒーリングと関わるのは、順番が逆だったんです。


より多くの人の役に立ちたいのなら尚更、他人のために生きようとするのではなく、自分の種を活性化させる(自分を喜ばせる)ことを優先する。


わたしが他人や外の世界にできることは何もない。わたしにできるのは、わたしの種を育てることだけ。



きのう初めて聞いたみっちゃんの設定は、


「好きな人たちと遊んで暮らしたい。」


なんだそうです。最近氣づいたそう。そして、その設定へ向かう手段が足指診断とかお相撲というみっちゃんの好きなモノゴト。


みっちゃんの設定を聞いた時に、スッとわたしに浮かんだ自身の設定は、


「自分を解放(表現)しながら楽しく生きたい。」


でした。


だからわたし、歌うのが好きなのかなー。だからわたし、家に1人でいるとよく踊ってるのかなー?(笑)



わたしを解放しながら楽しく生きたい。


そこへ向かう手段がわたしは、ヒーリングや、歌やブログなどの表現するというわたしの好きなモノゴトなんだと思う。



ヒーリングもわたしにとっては表現のひとつ。ヒーリングも、アートだね♪



今回の変態サミットに参加したことで、また少し、わたしの種の渦が拡大した。



きのうは、そんな日。



自分にボルテックス、起きてる?
\(^_^)/\(^_^)/



それではまたー。

b0365799_20580258.jpg
お誕生日席で水色のシャツ着て喋っている人がね、畑(宇宙)と交信するオモロイ人。わたしに「もっとふざけろ。」と言うあの人。




「RR」で検索!!!


---------

RRの営業時間や、あんなことこんなこと。
↓↓↓↓↓

b0365799_12354435.jpg
御利益があると噂の?この「ありがとうカード」、レジ横の棚に置いてあるのでご自由にお持ち帰りくださいませ。

今日も、
いつも、
ありがとうございます♪♪



1997年の開業時より、大人のためのお店として営業しており、業態が「ダイニングバー」であるうちは、お子さまの入店を終日お断りしております。

いつか、カフェなどに業態が変わりましたら、どなたでもお越しいただけるスタイルにするつもりです。

何卒、ご理解のほどよろしくお願い致します。



by daitoku-rr | 2018-03-19 20:37 | カラダさん