依存をやめるには、どうしたら?

依存する対象って、色々ありますね。


◾お酒
◾薬
◾ギャンブル
◾お母さん
◾交際相手


どうしたら依存をやめられるんでしょうね。


例えばアルコール依存の人。カラダも辛いし、飲み過ぎちゃダメと分かってても飲んでしまう。お酒がやめられない。


そういう人に


「お酒を減らしましょう。」


と言ったところで、簡単に我慢できるなら依存症にはなっていません。


「意志が弱い!甘ったれだ!」


ということではなくて、本人も悲しくなっちゃうぐらい、お酒をやめられないんです。


努力や根性ではなんともならないことが、あるんです。


お酒を飲むのはダメ!と抑圧するんじゃなくて、自然とお酒が欲しくなくなる方へ心身が変わっていくには何ができるだろうか?と、考える。


「心と体は繋がっている。」


ということを利用するんです。
(^_^)


感情の種類はいくつかありますが、どの感情も一時的なら良いけど、過ぎる場合、


◾喜び過ぎる(興奮)。
◾悲しみに暮れたまま。
◾怒ってばかり。
◾恐れから抜け出せない。


のように、どれかの感情が過ぎる場合、その根っこにあるのはどれも寂しさだと思っています。(サトミーヌ論)


アルコール依存で肝を弱めているということは、怒りが多い。そして、その怒りが多いことの根っこは寂しさ。


だから、まずは寂しさを癒す。と言いたいところだけど、遠ーい記憶、例えば幼少期の寂しさだったりするので、その心を紐解いて癒すのは、素人では難しい。


それなら、心にアプローチするのではなく、肉体にアプローチすると良いです。


心と体は繋がっているので、体が晴れればつられて心も晴れます。


アルコールに依存傾向がある人は、弱った肝を助け、怒りが少しずつなくなるように、「木(もく)」のエネルギーを満たす食事や生活を心がける。


そうそう、「木」のエネルギーが不足して肝が弱っている人、つまり怒りんぼうの人がお肉をたくさん食べるとさらに攻撃的になりますゆえ。


b0365799_13024569.jpg
この陰陽五行の図に、色が付いていますね。「木」のところは青色ですけど、青々と葉が繁った木を表すので、緑色のこと。


なので、「木」のエネルギーを補うには緑色の野菜が良いよーということです。


冬瓜のように皮だけが緑色の野菜じゃなくて、ブロッコリーのように実が緑色の野菜のことね。


図にあるように、梅干しとか酸味のあるものも、肝を助けます(適量ね)。


くれぐれも「あれを食べなくちゃ」という情報で頭の中がガンジガラメにならないように。。。
(^_^)


そうして、カラダに「木」のエネルギーが増えて体質が変われば、怒ることがだんだん減っていき、心身を壊すほどお酒を欲すること(肝を痛める行動)は無くなるはず。


「なんでそんなに怒りんぼうなんだ!怒りをこらえろ!いい大人なんだから!」


と言ったって、すぐにカーーーッ!と怒れちゃうんだから仕方がない。そして、怒りきれない人(怒りを無理に堪える人)がお酒に依存しちゃうんだと思う。


怒って感情を吐き出せる人は、まぁ元氣。身近な人は迷惑だけど(笑)

感情を吐き出せない人は、お酒など何かに依存しつづけて肉体を病む。


この時も、


「なんでそんなに飲んでばかりなんだ!いつも飲み過ぎだ!そんなに飲んでかーん!」


と言ったって仕方がない(笑)



心や体が調子を崩している時、努力や根性で立ち向かうのはつらいと思う。


でも、「心と体は繋がっている」というカラダの精巧な仕組みを利用すれば、努力や根性で立ち向かうより、心や体が晴れるのがうんと早いです。


何かに依存するのをやめるには、結局のところ、心と体が晴れるしかないんですね。


カラダって、ほんとうまくできてるなぁ。

と、感心しながら


b0365799_13045341.jpg
ハイボールを一杯。

それではまたー。

ーーーーーーーーー

「RR」で検索!!!


---------

RRの営業時間や、あんなことこんなこと。
↓↓↓↓↓

b0365799_12354435.jpg
御利益があると噂の?この「ありがとうカード」、レジ横の棚に置いてあるのでご自由にお持ち帰りくださいませ。

今日も、
いつも、
ありがとうございます♪♪



1997年の開業時より、大人のためのお店として営業しており、業態が「ダイニングバー」であるうちは、お子さまの入店を終日お断りしております。

いつか、カフェなどに業態が変わりましたら、どなたでもお越しいただけるスタイルにしたいなと思っています。

何卒、ご理解のほどよろしくお願い致します。



by daitoku-rr | 2018-05-07 13:00 | カラダさん