カテゴリ:カラダさん( 48 )

きのうのルーサー・バーバンクさんの話の続き。


ルーサー・バーバンクさん(1849-1926)は、三千種あまりもの植物の品種改良を成功させた偉人です。


品種改良というのは、そう簡単にできるものではないけれど、ほかの人が何十年もかかることを彼は数年でやってのけました。


彼がやっていた方法は、ほかの園芸家たちと何が違ったのかというと、植物に祈ったこと。


花の交配をする時に

「もっと大きく咲いてくれると嬉しいよ♪」

と声をかけるとそういう花が生まれました。



サボテンに向かって

「ここには、お前の怖がるようなものは何もない。棘など生やさなくていいんだよ。僕が守ってあげるからね♪」

と声をかけ続けると、徐々に棘のない状態に変化しました。



もちろん、一方的にお願いするばかりではなく、時には「可愛いね♪」、「綺麗だね♪」と愛を語りかけ、植物が語りかけてくると、彼はその声に耳を傾けました。



彼がたくさんの植物の品種改良を、ほかの人よりもたやすく成功させたのは、植物と意思疎通がとれていたから。


愛の力は何よりも大きく、不思議な栄養となり、よりよく成長させる。


これは、ヒーリングを用いての実験をしたのでよく分かる。


同じ花を2本、一輪ざしの花瓶(500mlのペットボトル)を2つ用意し、それぞれの花瓶に一輪ずつ花をさして、毎日一回、片方の花にだけヒーリングする。


すると、5日目ぐらいから2つの花に違いが見られるようになる。2週間も経つと、その差は歴然です。


一方の花は、頭をもたげて花びらは茶色く変色して弱々しい姿になっているのに対し、もう一方の花は、同じ日に買ってきたとは思えないぐらいイキイキとしている。


初めて、このヒーリング実験結果の花の画像を人さまから見せてもらった時、

「画像だしなぁ。2つの花は別々の日に購入したかもしれないし。。。」

という疑いを持ったけど、自分で実験をやってみると、実験結果の画像を見せてくれた人に脳内で土下座しました(笑)



ヒーリングした方としなかった方と、なぜこんなにも日持ちに違いが出たのか。


それは、ルーサー・バーバンクさんが植物にしていた声かけなどの意思疎通と同じ。ヒーリングは愛だから♪
(こう書くのはとても照れくさいけれど、愛に代わる表現が見つからない。笑)



以前に、仕事場で使っていたオーブンや、リーダーの車の話をブログに書いたことがあるけれど、動物だけでなく、世の中のものすべてには意識や意志がある。



こちらが愛を持って接したものは、相手もそのように返してくれる。相手が人だろうと植物だろうと道具だろうと。



世の中はエネルギーで出来ているって考えると、いろーんな見方が変わるなぁ。


それを知っていたルーサー・バーバンクさんは、すごいなぁ。。。



それではまたー。

b0365799_01200639.jpg




「RR」で検索!!!


---------

RRの営業時間や、あんなことこんなこと。
↓↓↓↓↓

b0365799_12354435.jpg
御利益があると噂の?この「ありがとうカード」、レジ横の棚に置いてあるのでご自由にお持ち帰りくださいませ。^ ^

今日もありがとうございます♪♪



by daitoku-rr | 2018-02-10 01:13 | カラダさん

眠くて眠くて仕方がない時がやって来ると、


「これは人生の転換期♪」


と捉える人が時々おりますが、あなた、お疲れです。寝てください。


転換期はやって来るものでは無くて、いつもそこにあります。


転換期は、これまでも日常にありましたし、これからもあなたのすぐ側に毎日毎時間、瞬間瞬間にそこにあります。



世の中にはこんな話もあります。

ーーーーーーーーー

スタジアムで売り子をしていた青年の目の前で、外国人夫婦のご主人がコケました。


青年は駆け寄り、ご主人が起き上がるのを助けました。


するとご主人は青年の優しさに喜び、私たちの養子になってほしいと頼みました。


ご夫婦はアメリカ人で子供はおらず、会社を経営する資産家でした。


青年は養子になりアメリカに住み、大学へ行かせてもらい、卒業後は養父の会社を手伝い、後に自身の会社を立ち上げ大成功しました。

ーーーーーーーーー


この話、後になれば、


「あの時にスタジアムで売り子をしていたことが人生の転換期だった。」


となりますが、売り子をしていた時に青年は


「今はきっと俺にとって転換期♪」


とは思っていなかったはず(笑)




いつもいつも、今、今、今。


転換期となるようなは出来事は、いつも、この瞬間に、あなたの目の前にあります。これまでも、これからも。


スペシャルな出来事や出逢いは、遠くからやって来るのではなくて、すぐそこにあります。いつも。今も。氣付きさえすればすぐそこに。



眠くて眠くて眠くて、人生の転換期であることを期待してしまう時、あなたは単に、ただただ疲れています。寝てください。


心や体を忙しくし過ぎて、疲れています。寝てください。


自分の氣持ちよりも、他人の目や他人の氣持ち、他人のことを優先し過ぎて疲れています。寝てください。


過去を悔やみ過ぎ、未来に期待し過ぎ、今に落胆し過ぎて、あなたは疲れています。寝てください。


眠くて眠くて眠くて仕方がない時、心や体が深く深く休みたいのです。寝てください。


何も考えず、ただただたくさん寝て、あなたはあなたに優しくしてください。


自分に優しくできる人は、他人にうわべでなく心から優しくできます。そして世の中は、宇宙は、優しい人が大好きで応援してくれます。

b0365799_12264964.jpg


眠くて眠くて眠くて仕方がない時、これは人生の転換期なんだと期待し過ぎるヒマがあったら、あったかくして心地良い寝床でぐっすり寝てください。



自分に言っています(爆)!!!


それではまた。^ ^


b0365799_12233630.jpg
もしもし?3億円以上当たる宝くじちょうだい。今わたし、転換期っぽいじゃんね。




「RR」で検索!!!


---------

RRの営業時間や、あんなことこんなこと。
↓↓↓↓↓

b0365799_12354435.jpg
御利益があると噂の?この「ありがとうカード」、レジ横の棚に置いてあるのでご自由にお持ち帰りくださいませ。^ ^

今日もありがとうございます♪♪



by daitoku-rr | 2018-02-09 12:09 | カラダさん

自然な野菜?

ルーサー・バーバンクさん(1849-1926)という人が居ました。


彼は植物の品種改良の天才で、19世紀のアメリカの3大偉人として、発明家のエジソン、自動車王フォードと肩を並べる園芸家・育種家です。


彼が品種改良した野菜や果実や花は、なんと三千種あまり。


今わたしたちが食べているほとんどの野菜は、彼から作られたと言っても過言ではないくらい。


b0365799_15152992.png


当時の野菜は固く小さく苦味が強かったりしたので、野菜を食べやすく美味しく品種改良したのがルーサー・バーバンクさんなんです。



ということは、今わたしたちが

「美味しい美味しい♪」

と言って食べている野菜は、無農薬であれ何であれ本来の姿ではないわけです(笑)


「自然」でググると、「人手を加えない、物のありのままの状態・成行き。」と出てきます。


どこからどこまでが自然な野菜なんでしょう。。。


野菜は体に良い?悪い?
良い野菜?悪い野菜?
自然な野菜?不自然な野菜?


もう、何がどうなんでしょう。。。(笑)



世の中には、人間に食べられるために生まれてきた植物・動物はひとつも無いので、元は食べにくくて当たり前です。


それが、人の手によって食べやすくしてもらったってことが、すでにめちゃくちゃありがたい。^ ^



お腹すかせて家に帰ったら、お母さんがニコニコ笑顔でご飯を茶碗によそってくれたけど、それが生米だったら涙出ますよね(笑)


当たり前にやってるけど、お米を炊くってだけで、生米よりめちゃめちゃ食べやすくなってる!ありがたやありがたや。



栽培だろうと調理だろうと、人の手が加わって美味しそうに見えて、実際食べたら美味しかったものが、わたしの心身にとってマルで尚且つありがたやありがたや♪


特定の食事法にストイックにはまったことがあるからこそ、なおさらそう思います。



きのう教えていただいたんですけど、食事を食べる時に


「これ、カラダに良いかな?悪いかな?」


って考えることが、もう心身にストレスなんですって。



造られ方を氣にして選ぶのではなく、食べたらすごく美味しかったから調べたら丁寧に造られているものだと分かった。


という出逢い方が最高だなぁと思います。大事なのは美味しいかどうか。



自然だろうとなんだろうと美味しいのが一番イイね♪

それではまたー。

b0365799_15075618.jpg



「RR」で検索!!!


---------

RRの営業時間や、あんなことこんなこと。
↓↓↓↓↓

b0365799_12354435.jpg
御利益があると噂の?この「ありがとうカード」、レジ横の棚に置いてあるのでご自由にお持ち帰りくださいませ。^ ^

今日もありがとうございます♪♪



by daitoku-rr | 2018-02-08 15:02 | カラダさん

歯と臓器の相関図を見たことがありますか?


この歯がこの臓器に関連していますよ。というあの図。



b0365799_17415232.gif

この図。

※画像はネットよりお借りしました。



これを数年前に知った時、



「わたしはここの歯が差し歯だからこの臓器が弱いのかなー。でも、歯を元に戻すことはできないしなぁ。。。」



って、残念な氣持ちになりましたが、しばらくして、歌手の河村隆一さんが以前言っていたことを思い出しました。


河村隆一さんはサーフィンを熱心にやっていた頃があります。サーフィンをやると当然、耳にガシガシ海水が入る。



それを繰り返していると、耳に水がなるべく入らないように、耳の穴(外耳道)の骨が異常に増殖して隆起してくる良性腫瘍ができるんだそうです。(これをサーファー耳と言う。)



また別の例では、なんとかっていう芸人さんが、しばらく眉毛を剃って生活していたら、頭を洗う時に水が目にたくさん入ってくることに氣づいたんだそうです。

 

「すごいなぁ。今まで眉毛が水をガードしてくれてたのかぁ。」



って、感心してからも眉毛無し生活を続けていたある日、眉毛が生える部分の骨が出てきたことに氣づいたんだそうです。



「眉毛の代わりに!まるでヒサシのように骨が出っ張ることで水が目に入るのを防ごうとしている!(笑)」



って感激したと言っていました(笑)



このように人のカラダは、その人がより生きやすくなるようにと、その環境に順応する力がズバ抜けています。



そこで先ほどの歯と臓器の相関図の話に戻ると、カラダのどこかに、医学的に見れば弱いと判断される部分があったとしても、ちゃんと他の回路が発達して大丈夫になるんです。



凄いですねー。カラダ♪


知識は、自分が進んで行く道の土台となるものだと長年思っていたけど、知識は土台じゃなくてスパイスなんじゃないかって最近は思います。



スパイスはほんのり少しだけ効いてれば良くて、一番大切なのはわたしの感覚。それはどんな分野でも。



その情報(知識)が、自分の氣持ちをしょんぼりさせるものであるのなら、それを信じる必要は無いんじゃないかなぁ。



氣持ちがしょんぼりすることはカラダもしょんぼりさせるので。(^_^)


知識に縛られず、自分の感覚を優先する。



自分に言い聞かせています(笑)


それではまたー。

b0365799_17451039.jpg






「RR」で検索!!!



---------


RRの営業時間や、あんなことこんなこと。
↓↓↓↓↓

b0365799_12354435.jpg
御利益があると噂の?この「ありがとうカード」、レジ横の棚に置いてあるのでご自由にお持ち帰りくださいませ。^ ^

今日もありがとうございます♪♪



by daitoku-rr | 2018-01-06 17:40 | カラダさん

産婦人科医の池川明医師が、「一般社団法人 日本胎内記憶教育協会」を設立されました。
パンパカパーン♪



池川先生は、

■胎児にも意識があるということ。
■子供が空から親を選んでやってくるということ。
■空から地上にやって来るにはみんなそれぞれ意味があること。

などを語り続けている医師です。本もたくさん出版されています。


最初からそういう考えではなかったそうですが、産婦人科医を続けている中で、いつからかそんな風に考え方が変わったそうです。



胎児とコミュニケーションを取ったことのあるママさんは多いのではないでしょうか。


お腹の上からポンポンと叩くと、お腹の中から赤ちゃんがキックしてくるという遊び。


他には、出産間近のママさんが、「パパが◯◯日に出張から帰ってくるから◯◯日に産まれてきてね♪」と声をかけ続けていたら、その通りの日に産まれて来てくれたという話も多々あります。



胎児の頃にはすでに意識がある。



ということは、人は、いつから意識があるのだろう?と、考えてしまいます。



そして、ママのお腹の中にやって来た時のことや、胎内にいた時の記憶を総括して胎内記憶と呼びますが、3才ぐらいまでの子供は覚えていて、ふとした時に語ってくれるのだそうです。(まったく話さない子もいる)



■「雲の上からね、ママが可愛いなって思ったからママのところに行こうって決めたんだよ。」

■「◯◯君がね、順番を守らなかったから神様に叱られて空に連れ戻されたんだよ。」
(一度流産した後に2児を授かった方の子供談)

■「長ーい滑り台を滑ってママの所に来たんだよ。」

■ 「神さまに、生まれてもいいですよっていわれると、羽をつけてもらって、空を飛んでいくの。」



こういう、肉眼では見えない部分で起こっていること。俗に言うスピリチュアルな世界を当たり前に受け入れている医師が、少しずつ、増えています。



国家ライセンスを持つ医師が、「カラダは肉体だけでできているわけではない。」と声高らかにうたう時代なんです。ヒャッホー!^ ^



カラダが肉体だけでできているわけではないと分かっているかそうでないかで、不調な時のカラダへのアプローチ方法はまったく変わります。そしてそれは、命の明暗を分けることになる。




カラダを診る時は、肉体だけでなく、心や魂にも目を向ける必要がある。

肉体(ボディ)、精神(マインド)、魂(スピリット)の3つが癒されて始めて治癒に向かう。




そういったことを、ずうっとスピリチュアルな世界に生きてきた人ではなく、国家ライセンスを持つ医師が発信しています。



新しい時代の医療が始まっています!
ヒャッホー!(^O^)



わたしは、ヒーリングで医療に貢献♪

それではまたー。



b0365799_14162563.jpeg
い・や・し♡



ママのおなかをえらんできたよ。



「RR」で検索!!!




---------


RRの営業時間や、あんなことこんなこと。
↓↓↓↓↓

b0365799_12354435.jpg
御利益があると噂の?この「ありがとうカード」、レジ横の棚に置いてあるのでご自由にお持ち帰りくださいませ。^ ^

今日もありがとうございます♪♪



by daitoku-rr | 2017-11-24 14:13 | カラダさん

先日、過食嘔吐を繰り返す女性のドラマをやっていました。

その女性は、学校教師という設定。

その女性はストレスから、よく仕事帰りにコンビニで食料を買い込んで食べまくって、トイレへ行って吐き出していました。

よく仕事帰りにレストランに寄って注文しまくって食べまくって、トイレへ行って吐き出していました。

一時的に預かっている子どもたちの修学旅行費を使い込んでまで、過食するのがやめられない。


さかのぼると、その女性の母は教育ママでした。

ひとつの塾が終わったら、次の塾へ急いで向かわないと授業ち間に合わないというほど、たくさんお勉強をさせられ、成績が悪いと母親に厳しい顔を向けられ、つねられる。

成績が良くて、母が選んだ服をニコニコと着て良い子でいれば、母は喜ぶ。

そうして、いつも母親の期待に応えるように生きてきたその女性は、ココロが悲鳴をあげていました。


---------


というドラマのお話。



子どもが病を長々と患う時、症状を診るのも大事だけど、家族関係に注目するのは鉄板中の鉄板。


アトピーや喘息の大きな要因は寂しさだと聞いたことがある人もいると思う。


カラダはいつも、ココロの影響を受けている。


それを踏まえると、先のドラマのお話では、娘が過食嘔吐に走った原因は、母親の過剰な厳しさが原因で、悪いのは母親。ということになる。

だから母親に

「お母さん、そんな接し方では娘さん可哀想よ。もっと娘さんを信じてあげて。もっと優しくしてあげてね。」

なんて言えば、親子関係や娘さんの不調が解決するのかというと、そんなことはない。



その母親は、なぜ、そこまで娘に厳しく当たってきたのか、なぜそんなに、お勉強ができて良い所に就職できる良い大人に育てようとしていたのか。


そうさせる母親のココロには、子どもの頃につらかった何かがあるんじゃないかなぁ。。。と、わたしは思うのです。




わたしは、自分に子どもができたら、我が子をいろんな所へ連れて行って、いろんなものを見せて、いろんなことを体験させて、たくさんの世界を観せてあげたい。と、いつも思っていました。

でも本当は、それを自分がやりたいんだよね。

いろんな所へ行っていろんなものを見て、いろんなことを体験してたくさんの世界を観たい。ずっと、そう思ってたんだよね。子どもの頃から。^^



と、心理学の方がが言ってた。



我が子にやってあげたいと思っていたことは、わたしにやってあげたいことだった。




先のドラマの話に戻ると、


子のココロが苦しいのは
親のココロが苦しいからで、

親のココロが苦しいのは
祖父母のココロが苦しいからで、

祖父母のココロが苦しいのは
その先のご先祖のココロが苦しいからで、、、


というふうに、子のココロが釣り合い崩しているのは、先祖代々の頑張り過ぎが一代一代と受け継いで子孫に影響していた結果だったりする。



子どもが病を長々と患う時、症状を診るのも大事だけど、家族関係に注目するのは鉄板中の鉄板。

というのは、現在の親子や兄弟との関係だけじゃないから、お母さんに怒ったところで解決しないんですよね。



だけど、イタコでもない限り、亡くなったジィちゃんやバァちゃん、その先のこ先祖さんと話して不満を聞き出すことはできない(笑)



そこで、素晴らしいのがヒーリング。
でたー!(笑)



ヒーリング(エネルギー療法)は波動に波動でアプローチする。厳密に言うとちょっと違うけど。


波動は同調すると時空を超えるので、癒したい相手が目の前にいようと地球の裏側にいようと、この世に肉体があろうとなかろうと関係ない。


え。ちょっと怖い?(笑)



ヒーリング中に

「あったか〜い。」

って、ツーッと涙流す人が居る。


それはひょっとしたら、その人のカラダやココロだけじゃなく、その人に繋がってきた親やそふぼ、ご先祖さんの魂のキュッと固くなってた部分が溶けたのかなぁ。


って、思ったりする。



目の前の人だけを癒すのではない。という太っ腹さが、ヒーリングにはあります。



やっぱり不思議ね。^^



それではまたー。


b0365799_17371471.jpeg
申し遅れました。妖精です。





---------

RRの営業時間や、あんなことこんなこと。
↓↓↓↓↓

b0365799_12354435.jpg
御利益があると噂の?この「ありがとうカード」、レジ横の棚に置いてあるのでご自由にお持ち帰りくださいませ。^ ^

今日もありがとうございます♪♪



by daitoku-rr | 2017-10-24 17:29 | カラダさん

数日前、右脚に力を入れてしまうクセに氣がつきました。


助手席に座っている時や、寝転がっている時など、リラックスしているはずの時は、だいたい右脚のお尻やふとももに力が入っていることに氣付きました。


それからは、右脚に無駄な(無駄なようで必要だった。これまでは。)力が入っていると氣づけば力を抜き、氣づけば力を抜きを繰り返す日々。


すると最近、右側の首から肩にかけてがダルい。


それは当然で、これまでずっと右脚に力が入った状態でカラダの釣り合いをとって生きてきたので、右脚の余分な力を抜いた新しい釣り合いにカラダがまだ慣れていないから。


カラダのどこかが回復へ向かう時、それまで症状が出ていた場所とは別の場所に違和感や痛みが出ることはよくあります。^^


今回のわたしの場合、今、首や肩がダルいのは脚が原因でした。


首が痛いから首を。肩が痛いから肩を揉んだり叩いたり押したりすることは、意味がないんですね。



肩こりは肩で起きているんじゃない!


b0365799_14404761.jpeg

ということですね。^^



今出ている症状が首でも肩でも腕でも腰でも、まずは脚の釣り合いを疑うのが、わたしの趣味です♪



今日の言葉。



いつまでソコを揉むつもり?♡




それではまたー。^^


b0365799_14420178.jpeg
ほっ!



---------

RRの営業時間や、あんなことこんなこと。
↓↓↓↓↓

b0365799_12354435.jpg
御利益があると噂の?この「ありがとうカード」、レジ横の棚に置いてあるのでご自由にお持ち帰りくださいませ。^ ^

今日もありがとうございます♪♪



by daitoku-rr | 2017-10-24 14:40 | カラダさん

「結局は、宇宙の法則に従っていればなんでもオッケー(何食べても元氣)なのよね〜。」

と発信している自然療法家さんがいました。
ほんとにそう思う。^^




「宇宙の法則に従って暮らす」というのを、かなり端折ってザックリ言うと、「今の氣持ちに焦点を当てて暮らす」ということ。


いつもいつも、大事なのは今。 



今、自分のカラダにとってベストな食べ物を察知するセンサーは本当は誰でも優れているのに、


「ケーキを食べたいけど、健康のためにはドライフルーツにしとかなくちゃ。。。」

という度重なる我慢によって、センサーはどんどん鈍っていく。




何年か前、4才〜15歳までの11年間を毎日毎食ジャムサンドを食べて成長した外国人の青年が話題になった。

身長180㎝で運動神経が良く、医療機関で調べてもカラダに異常はまったくなかったそう。

彼の両親は彼がまだ小さい頃、さまざまな食べ物を食べさせようと試みた。そうすると、必ず彼は具合が悪くなったという。

両親の考えよりもうんと彼のカラダは賢くて、必要があってジャムサンドを欲し続けていたらしい。




わたしがお世話になるホメオパスの息子さんも、子供の頃はほんの数種類の料理しか食べずに手を焼いたと言っていた。

その息子さんは、ホメオパシーによってデトックスが進むごとに偏食でなくなったそう。





先ほどのジャムサンド青年の偏食っぷりは、胎児や幼児の頃に摂取した何かの影響で、成長して部活などのスポーツで汗をかく機会が増えて、デトックスが促進されて偏食が治ったのかなぁ。憶測だけど。


人々の食べ物の好き嫌いは、本当にうまくできている。カラダの精密さは呆れるほどスゴイ。




人のカラダはそれぞれ違う。体質を決めるのはこれまで摂ってきた食事だけじゃない。

■どんなワクチンを打ってきたのか
■どんな治療をしてどんな薬を飲んできたのか
■どんな薬を塗ってきたのか
■どんな目薬をさしてきたのか
■痲酔を打った経験があるのか
■どんな詰め物を歯にしてきたのか
■どの歯を抜いたのか

などなど、それらの経験の違いからでも、カラダが欲する食事(成分)は人によって大きく異なる。




◯◯はカラダに良い。◯◯はカラダに悪い。という情報が全員に当てはまるということはない。

その時に食べたいと感じたソレは、今、必要があってソレをカラダが欲している。カラダのセンサーは自分のが思っている以上にすごい。^^



「じゃあ、氣持ちが向くままに甘いモノばっかり食べてて良いのか?」


と言うと、その人にとってそれが良いかどうか、わたしには分からない。


ただ、先ほどのジャムサンド青年やホメオパスの息子さんのように、そればっかり食べたくなる理由が、カラダやココロに必ずある。

「なぜ、それを頻繁に欲するのかなぁ?」と、わたしならまず考える。



さまざまな自然療法家が居て、その人の経歴が元看護師や医師だったりすると、その人が言う「◯◯はカラダに良い。◯◯はカラダに悪い。」という情報に簡単に流されてしまう人がいる。わたしもそうだった。


でも本当は、その食事法が自分にとって正解かどうかは、自分のカラダがちゃんと分かってる。^^



それをやりたくてやっている、やっていて心地良い、カラダが調子良いなら、その方法はあなたにとって大正解。

だけど、

カラダや精神に良いらしいと聞いてお肉をやめているけれど、本当はお肉が食べたい。

ロースイーツじゃなくて、生クリームたっぷりのスポンジケーキを食べたい。

と我慢が続いているならば、その食事法は自分が思っているほどカラダに良くは作用していない。



我慢を重ねた方法が心身を潤わせることはない。



その時に食べたいと感じたものを、喜びいっぱいで食べるのがカラダにとって花丸大正解だと思う。

砂糖は毒とか言ってないで、ケーキを食べたいのならケーキを美味しく食べればいい♪



さて、わたしが「甘いもの」に対して思うことは、

人工甘味料じゃなくて、砂糖やハチミツやメイプルシロップなど、シンプルな糖分をなるべく選びたいなぁ。

ということと、

甘いものは元氣な人が食べても良いもので、風邪で伏せってるとか調子を崩している人は、元氣になるまで控えた方が良いんじゃないかなぁ。

ということ。この考えは長らく変わっていません。


これはあくまで、わたしが自分にとって良いと感じる甘いものとの付き合い方です。とくにオススメはしません。^^





糖分はカラダに悪いらしい。やっぱり糖分は大事らしい。とか、頭ばっかり使ってないで、食べたいもの食べればイイじゃ〜ん♪♪♪




という、高田純次さんのようなゆるゆる投稿で失礼いたします。^^


それともうひとつ、甘いものはカラダをゆるめる作用があるから、甘いものを頻繁に欲する人は、緊張が多くて心身が休まらない生き方をしているのかも、知れないなぁ。。。


それではまたー。


b0365799_17313181.jpeg




---------

RRの営業時間や、あんなことこんなこと。
↓↓↓↓↓

b0365799_12354435.jpg
御利益があると噂の?この「ありがとうカード」、レジ横の棚に置いてあるのでご自由にお持ち帰りくださいませ。^ ^

今日もありがとうございます♪♪



by daitoku-rr | 2017-10-22 17:24 | カラダさん

きのうも暑かったです。ヒーリング中は自分の体が温かくなります。^^


ヒーリングの素晴らしいところは、ヒーリング中にヒーリングエネルギーを送る側の人のカラダも癒されるところ。


相手にヒーリングすることで、自分自身のカラダのさまざまな流れや動きが良くなるらしく、ヒーリング中はポカポカと温かくなったり、お腹がギュルギュル鳴ったりします。


ただ単にお腹がすいてるのかもね(笑)




「ヒーリングする・される」って、人工呼吸を例に出すと伝わりやすいかも。



人工呼吸は、自分が媒体となって自然界の空氣を相手に送り、ヒーリングは、自分が媒体となって自然界のエネルギー(ヒーリングエネルギー)を相手に送っています。


空氣もヒーリングエネルギーも、宇宙に遍満するみんなの物です。


いつもは何も考えずラクに呼吸しているけど、人工呼吸をする時は、意識的にたくさん息を吸ってから相手に空氣を送りますね。


それと同じで、いつも誰のカラダにも普通に流れているヒーリングエネルギーですが、人さまにヒーリングする時は、意識的にたくさんヒーリングエネルギーを自分自身に取り込んで、相手に送ります。


それが、わたしのやっていることです。^^


わたしのエネルギーを分け与えているのではなくて、わたしはあくまでアダプターの役割です(笑)



人さまをヒーリングするのはスマホを充電するのと同じで、アダプターであるわたし自身にも、自然界からヒーリングエネルギーがたくさん流れるということなんです。一石二鳥です(笑)



小林麻央さんがブログで、


自分が相手に何かを与える時、与えているようで本当は自分が受け取っている。


というようなことを書かれていたのを思い出しました。




わたしが人さまにヒーリングすることで、わたし自身のカラダ(ココロも含む)が癒されている。^^


ありがたや。
ありがたや。
ありがたや。



ということで、
今日もアダプターさんは元氣です(笑)


b0365799_13573893.jpeg
ほいさっさ!



それではまたー。^^





---------

RRの営業時間や、あんなことこんなこと。
↓↓↓↓↓

b0365799_12354435.jpg
御利益があると噂の?この「ありがとうカード」、レジ横の棚に置いてあるのでご自由にお持ち帰りくださいませ。^ ^

今日もありがとうございます♪♪



by daitoku-rr | 2017-10-12 13:44 | カラダさん

リーダーの変化。

最近ではすっかり、


「◯◯さんが、■■が痛いんだって。やってあげたら?」


とリーダーが言うようになりました。^^


この「やる」とは、ヒーリングや、ゆるめる施術のこと。



数年前は、わたしが学んだ手業の練習台にはなってくれるけど効果は半信半疑な様子。半信半疑というより全疑(笑)



それが今じゃ


「やってあげたら?」


と言うようになるなんて。^^



「練習台」という名目でリーダーが何度もわたしのヒーリングを受けているうちに、何かカラダで感じるものでもあったのかなぁ。。。



わたしが人さまをヒーリングするのを何度も見ているうちに、何かココロで感じるものでもあったのかなぁ。。。



どうなんでしょうね。^^
ふふふ。



それではまたー。



b0365799_01052409.jpeg





---------

RRの営業時間や、あんなことこんなこと。
↓↓↓↓↓

b0365799_12354435.jpg
御利益があると噂の?この「ありがとうカード」、レジ横の棚に置いてあるのでご自由にお持ち帰りくださいませ。^ ^

今日もありがとうございます♪♪



by daitoku-rr | 2017-10-06 00:55 | カラダさん